佐賀県の主要作物の一つ、大豆に大きな被害をもたらす塩害を防ごうと、県農業試験研究センターが対策技術の研究に初めて取り組んでいる。調査の結果、土壌の水分を高めに保つことで被害が軽減できることが分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加