手紙で世界が広がるおはなし

 アフリカの草原に一頭の退屈(たいくつ)なキリンが住んでいました。暇(ひま)を持(も)て余(あま)すキリンは、まだ会ったこともない“地平線の向こうのお友達”へ手紙を書こうと思いつきます。「あなたのことをおしえてください」という言葉を添(そ)えて…。さて、この手紙、無事に誰(だれ)かに読んでもらえるのでしょうか?
 最近はメールやSNSなどがコミュニケーションの主流となり、手紙を出す機会はずいぶんと減(へ)ってきました。送ったらすぐに連絡(れんらく)が届(とど)くSNSとは違(ちが)い、封(ふう)を開けるドキドキ感や、返事を待つ間にどんどん想像(そうぞう)が膨(ふく)らんでいく手紙ならではの楽しさがこの本には詰(つ)まっています。
 誰かを思いながら文章を考え、便箋(びんせん)やペンを選び、心を込(こ)めて文字を書く。そうやって届いた手紙は、ただのメッセージではなく、特別な贈(おく)り物(もの)になることでしょう。
 この本には続きがあって、シリーズを通して、手紙をきっかけに世界が少しずつ広がっていく素敵(すてき)なおはなしです。
 あなたも大切な人へ手紙を書いてみませんか?(司書ネットワーク課 大木優子)


【ほかにもこんな本をおすすめ!】

▽ゆうびんです! 日本郵便オフィスサポート株式会社/作 play set products/絵 フレーベル館
▽おもしろい!楽しい!うれしい!手紙 スギヤマ カナヨ/著 偕成社
▽知ってる?郵便のおもしろい歴史 郵政博物館/編著 少年写真新聞社

 

 【図書館へ行こう】
 紹介している県立図書館の本は、皆さんが住んでいる市や町の図書館からも借りることができます。本の世界に触れてみてください。問い合わせは県立図書館、電話0952(24)2900。

このエントリーをはてなブックマークに追加