専用の機器から流れる映像と音声で、佐賀の歴史などが楽しめる「佐賀城下バーチャルストーリーウオーク」

 佐賀市観光協会は6日から、新たな街歩きイベント「佐賀城下バーチャルストーリーウオーク」を始めます。専用機器を使って街中を散策し、映像や音声案内から佐賀の歴史や観光スポットを知ることができます。2種類のプランがあり、いずれも約90分間。料金は1人1200円。28日まで実施します。

 佐賀市駅前中央の情報発信拠点SAGAMADO(サガマド)を出発地とする「義祭同盟参加プラン」と、同市白山のエスプラッツ発の「弘道館跡と松原神社歴史散策プラン」の2種類。受付時間は「義祭同盟-」が午後4時から同6時までで、「弘道館跡-」は午後2時から同4時まで。

 問い合わせや予約はSAGAMADO、電話0952(37)3654か、同協会、電話0952(20)2200。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加