憧れが職に変わる

 美容学校と聞くとメイクやオシャレが好きな人が行くというイメージの人が多いかもしれません。ですが学校の方や生徒さんとのオリエンテーションや実際に学校に取材に行ってみて、道具をとても大事にしているところや先生方がとても親身なところ、美容師になるために毎日国家試験に向けて取り組む姿勢を見てエッジ国際美容学校が職人を育てる場所のように私は見えました。

 赤を中心にまとめた理由はエッジのイメージカラーが赤だったからです。その赤を手にかかるような形で構成に入れたのは光が差し込むようなイメージを表現して「憧れが職に変わる」と言うコンセプトを伝えたかったからです。キャッチコピーもそのイメージがはっきり伝わるようにコンセプトのそのままの言葉にしました。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加