お気に入りの器を大切に 割れた陶磁器を繕う金継ぎ。金で仕上げられたその跡は、まるで新しい文様のよう。日本古来の修復技術ですが、自宅で手軽にできる方法もあり、近年ひそかにブームになっています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加