県警の杉内由美子本部長(左)から伝達を受ける受章者=佐賀市の県警本部

 長年にわたって交通安全活動などに尽力したとして、全国表彰を受けた功労者への伝達式が2日、佐賀市の県警本部で開かれた。7個人、4団体が、事故抑止と交通マナー向上に向けた取り組みへの決意を新たにした。

 県交通安全協会の坂井邦夫会長や県警の杉内由美子本部長らが出席、受章者に賞状を手渡した。杉内本部長は「長年の功績に深く敬意を表する。安全安心なまちづくりに向け、皆さまの支援、協力は必要不可欠。今後も尽力を賜りたい」と祝辞を述べた。

 警察庁長官・全日本交通安全協会長から贈られる交通栄誉章「緑十字金章」を受章した城島訓浩(くにひろ)さん(76)=吉野ヶ里町=は神埼地区交通安全協会の会長を務め、40歳ごろから交通指導員として児童の登校を見守る活動を続けている。「地域のために自分にできることを続けてきた。これからも危ない場所を点検していきたい」と話した。(松岡蒼大)

 そのほかの受章者・団体は以下の通り。(敬称略)

 【警察庁長官・全日本交通安全協会長表彰】交通栄誉章 緑十字金章 原口義則(佐賀市)▽交通栄誉章 緑十字銀章 小原健史(嬉野市)山下剛司(伊万里市)向井敏子(みやき町)前田保司(唐津市)大渡秀男(佐賀市)

 【全日本交通安全協会長表彰】優良学校 塩田小(嬉野市)▽優良交通安全協会 武雄地区交通安全協会▽優良事業所 鳥栖・三養基地区消防事務組合▽優良安全運転管理者協議会 鹿島地区安全運転管理者協議会

このエントリーをはてなブックマークに追加