スマートフォンを使った模擬の確定申告をする山口祥義知事=佐賀県庁

 山口祥義知事は1日、マイナンバーカードを使ったスマートフォンによる確定申告を模擬体験した。国税庁ホームページを活用しながら、実際にスマートフォンを操作して申告書を作成した。

 所得税の確定申告はスマートフォンから手続きでき、国税庁のホームページ内にある「確定申告書等作成コーナー」を使えば、税額が自動計算されて申告書を作成できる。

 山口知事は、佐賀税務署職員のアドバイスを受けながらスマートフォンで確定申告書の作成を体験した。約10分で完了すると、山口知事は「シンプルで簡潔にできるようになっていた。新型コロナの状況もあるので素晴らしい」と話した。

 新型コロナウイルスの感染防止のために、佐賀税務署は自宅からスマートフォンなどによる申告を促している。所得税や贈与税の申告期限は3月15日までとなっている。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加