昨年8月から始まった生活保護費の減額で、4月から支給基準がさらに引き下げられたことを受け、佐賀県内の受給者43世帯44人が23日、処分の取り消しを求める審査請求を県に申し立てた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加