公式パンフレットより

 佐賀市の佐賀城下ひなまつりの実行委員会は1日、臨時の会合を開き、11日に開幕を予定している「第21回佐賀城下ひなまつり」の開催可否を論議した。新型コロナウイルスの影響で東京や福岡など11都府県に出されている緊急事態宣言が延長されるかどうかを見極め、開催可否を判断することを申し合わせた。

 複数の関係者によると、1月末までの会合では、新型コロナ対策を徹底して開催する方針で、2月1日付の市報でも見どころなどを特集していた。臨時会合では、中止も含めて検討した。緊急事態宣言の延長は、2日にも政府が判断する見通しになっている。

 前年の「佐賀城下ひなまつり」は新型コロナの影響で、1週間ほど前倒しして閉幕している。(川﨑久美子、大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加