武雄市の樋渡啓祐市長から市議会で名指しで侮辱されたとして、市内の男性(82)が損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が23日、佐賀地裁であり、被告の樋渡市長自身が出廷して証言した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加