今シーズンのキャプテンとしてチームをまとめるDFエドゥアルド=沖縄県読谷村(サガン・ドリームス提供)

 サッカー・J1サガン鳥栖は1日、DFエドゥアルド(27)が今シーズンの主将に決まったと発表した。副主将はFW豊田陽平(35)、GK朴一圭(31)、MF松岡大起(19)の3人が務める。

 エドゥアルドは加入2年目のブラジル人センターバック。足元の高い技術と巧みなカバーリングが持ち味で、昨季は守備の中心選手としてリーグ戦21試合に出場した。

 エドゥアルドはクラブを通じて「キャプテンになれて本当にうれしい。役割は雰囲気をつくることだと思っている。スタッフ選手のみんな力が必要になる。上の順位にいけると思うので、信じて頑張っていきましょう」とコメントした。(山口源貴)

このエントリーをはてなブックマークに追加