佐賀市総合計画審議会(会長・五十嵐勉佐賀大全学教育機構教授)は14日、2015年度から10年間の「まちづくりの指針」となる第2次市総合計画案を秀島敏行市長に答申した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加