佐賀バルーナーズ―愛媛オレンジバイキングス 激しいマークを受けながらシュートを狙う佐賀バルーナーズの相馬卓弥(左)=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第19節最終日の31日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で愛媛オレンジバイキングス(西地区最下位)と対戦し、99―82で後半戦初勝利を挙げた。連敗を6で止めて通算成績を20勝15敗とし、西地区首位に返り咲いた。

 佐賀バルーナーズは、中西良太やケニー・ローソンを中心に得点を重ね、前半を43―29の14点リードで折り返した。第3クオーターに9点差まで迫られたものの、最終第4クオーターに相馬卓弥が8連続得点を挙げるなどして突き放した。

 佐賀バルーナーズは第20節第3日の2月7日、同体育館でライジングゼファー福岡(西地区5位)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加