佐賀県内の感染状況(2021年1月31日現在)

 佐賀県は31日、10~80代の男女5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうち4人は既に感染が判明している人の関係者。県内での感染確認は延べ951人になった。

 県によると、5人の内訳は佐賀市の60代男性、唐津市の10代と80代の女性、鳥栖市の10代女性、福井県の30代男性。

 福井県の男性は、九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に関わる請負会社の従業員で、クラスター(感染者集団)が発生している唐津市の岩田工業所とは別会社。岩田工業所と同じ建物内の別フロアに勤務している感染者の関連でウイルス検査を受けた。

 県は30日に感染が分かった6人の概要も説明した。佐賀市の30代男性は、職員の感染が判明している福祉施設の利用者で、市内の別の男女3人は感染が確認された職員の別居の家族だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加