バレーボール・V1リーグ女子の久光スプリングス(鳥栖市)は31日、神戸市のグリーンアリーナ神戸でトヨタ車体クインシーズと対戦し、3-0のストレートで勝って3連勝を飾った。通算成績は9勝10敗で、順位を一つ上げて6位となった。

 久光は第1セット、井上愛里沙のスパイクなどでリズムをつかみ、中盤までに最大9点のリードを奪った。トヨタ車体の追い上げを受けて2点差に迫られたものの、最後は野本梨佳がスパイクを決めて25-22で先取した。一進一退の展開となった第2セットは、アキンラデウォが終盤にブロックを決めるなどして25-22で振り切った。第3セットは、野本のスパイク、アキンラデウォと井上愛のブロックで立ち上がりからリズムをつかみ、25-11と圧倒した。

 久光は2月7日正午から、兵庫県のヴィクトリーナ・ウインク体育館で岡山シーガルズと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加