久光-日立 スパイクを放つ久光スプリングスのアキンラデウォ(奥)=グリーンアリーナ神戸((c)V.LEAGUE)

 バレーボール・V1リーグ女子の久光スプリングス(鳥栖市)は30日、神戸市のグリーンアリーナ神戸で日立リヴァーレと対戦し、3-1で勝って2連勝を飾った。通算成績は8勝10敗で順位は変わらず7位。

 久光は、前節で負傷した栄絵里香に代わり、井上美咲がセッターに入った。第1セット、今村優香と井上愛里沙を中心に、鋭いスパイクで相手ブロックをこじ開けて、25-23で先取。第2セットは相手のサーブに苦しみ、序盤に7点差を付けられたが、交代で入った石井優希が3連続スパイクを決めて追い上げ、28-26で競り勝った。第3セットはミスも出て20-25で落とした。第4セットもシーソーゲームになったが、要所でアキンラデウォがブロックを決めて相手の流れを断ち切り、25-23で勝利をつかんだ。

 久光は31日午後1時から、同会場でトヨタ車体と対戦する。(山口源貴)

このエントリーをはてなブックマークに追加