山間部の子どもが定置網漁などで漁業体験する授業が20日、唐津市鎮西町の串浦漁港で開かれた。厳木小(同市厳木町)の4年生21人が船に乗って網を引きながら漁村文化を体感した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加