オンラインツアーに向けリハーサルをする観光ガイド=有田町の泉山磁石場

オンラインツアーに向けリハーサルをする観光ガイド=有田町の泉山磁石場

オンラインガイドツアーの参加者に送付するガイドブックや有田焼の絵柄のクッキーなど(有田観光協会提供)

 自宅にいながら佐賀県有田町の観光を楽しむオンラインガイドツアーが、2月17、21日に開かれる。コロナ禍で観光する機会が減る中、旅気分を味わってほしいと有田観光協会の観光ガイドが企画した。ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」で、参加者と町内5カ所をつなぎ、有田焼の魅力を感じてもらう。

 焼き物、料理、旅に興味がある女性をメインターゲットにしている。ガイドが日本磁器発祥の地の泉山磁石場で有田焼の歴史を、レストラン「ギャラリー有田」のコーヒーカップコレクションで技法を紹介。モダンな器などさまざまな陶磁器をそろえる三つのショップ(手塚商店、アリタポーセリンラボ有田旗艦店、アリタセラ内の2016/)を巡る。

 事前にツアーのしおり、各種ガイドブック、有田焼の絵柄入りクッキー2個とコーヒー2人分を送る。各日午前10時~11時半の1時間半で、料金は1アカウントにつき3千円。10日前までに「じゃらん」のサイトから申し込む。21日は定員に達し、受け付け終了。

 ガイド9人で昨夏にプロジェクトチームを立ち上げて内容を練り、カメラワークなど練習を重ねてきた。「ツアーを通して有田焼ファンになってもらい、いずれ有田を訪れてほしい」と同協会。問い合わせは同協会、電話0955(43)2121。(古賀真理子) 

このエントリーをはてなブックマークに追加