佐賀県鹿島市は29日、「新型コロナウイルスワクチン接種事業プロジェクトチーム」を市保健センター内に設置すると発表した。藤田洋一郎副市長を本部長とする14人体制で、2月1日に発足する。医療機関や国、県との調整のほか接種会場の確保などに取り組む。接種状況の管理や相談対応を行う体制を整える。

 副本部長は橋村直子市民部長と大代昌浩総務部長が務める。チームは保険健康課、福祉課、総務部などの職員らで構成する。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加