佐賀県は29日、食料品の内容量が表示通りかどうかを確認する立ち入り検査の結果を発表した。県内のスーパー59事業所で検査した2155個の商品のうち、2・2%に当たる47個の商品の内容量が、表示量を下回る不適正だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加