季節の草花を題材に彩墨画を手掛けている鳥栖市宿町の実本貞枝さん(58)が26日から3日間、京都府の大徳寺瑞峯院で作品展を開く。同寺は千利休ゆかりの名刹(めいさつ)で期間中は茶会も開かれる予定。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加