農業用ため池の水を抜く「堤干し」が8日、嬉野市嬉野町下宿の鷹ノ巣堤であった。近くの嬉野中1年の生徒約100人がフナやコイのつかみ捕りに挑戦、泥まみれの感触に大騒ぎしながら農業用水の大切さを学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加