佐賀美術協会会員の原敏子さん(71)=佐賀市=の作品展が佐賀市で開かれている。「小さな喜び」をテーマに、花や人物などを愛らしく描いた32点が並ぶ。

 原さんは子育てが一段落した40代から佐賀新聞文化センターで油絵を学んだ。

 「青い風」は下地が乾かないうちに、クレヨンで上から描き込み、葉が風になびくうっそうとした木を表現。「春の風」も同じように、白いクレヨンで花びらを描き加え、下地と色が混ざり合い、淡い桜色が浮かび上がる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加