全国大会出場を目指して頑張っている前田玲乃さん

 嬉野市の五町田小4年の前田玲乃(れの)さんは、嬉野ジュニアバドミントンクラブで2年生の時にバドミントンを始め、社会文化会館リバティで週3回練習に励んでいます。

 県内で昨年あった二つの大会の4年以下女子シングルスで優勝し、九州小学生バドミントンフェスティバルinくるめではベスト8に入賞しました。

 負けず嫌いという玲乃さんはコロナ禍の自粛期間も「何もしない一日をつくらないように」と、走り込みや壁打ちなどを続けています。井手基文監督は「常に努力をしていて伸びしろが大きい」と期待しています。

 精神面でも大きく成長している玲乃さんの夢は「九州大会でベスト4に入り、全国大会出場」です。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加