ビデオ会議アプリ「Zoom」で意見を交わす選考委員ら

 県内スポーツ環境の整備や競技力向上などに取り組む団体に資金を提供する「GOgoさがスポ基金」の助成選考委員会が27日、オンラインで開かれた。県、県スポーツ協会、佐賀未来創造基金、佐賀新聞社の代表者が意見を交わし、佐賀市の3団体に総額45万円を贈ることを決めた。

 助成されるのは、「森林公園健康ウォーキング大会実行委員会」、サッカーを通じた人間育成を行う「DESAFIORA.FC」、「佐賀市スケートボード連盟」。助成事業の趣旨と条件に合致しているか、地域社会のニーズを踏まえて独創性があるか、実現可能で必要性が高いかどうかの3点で選ばれた。

 選考委員長の田中稔佐賀新聞社営業局長は「スポーツを楽しむ人、支える人、応援する人たちをサポートできれば」と話した。

 同基金は2024年に佐賀県で開催される国民スポーツ大会と全国障害者スポーツ大会を応援する佐賀新聞社のキャンペーン企画の一環で、18年に創設した。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加