関西電力高浜原発の1号機(右)と2号機=2020年10月、福井県高浜町

 運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の再稼働を巡り、同町の野瀬豊町長が来週にも同意を表明することが28日、関係者への取材で分かった。地元町長が40年超再稼働に同意するのは国内初。

 町長の同意後は、県議会と知事が判断するのが通例。これまで杉本達治知事は同意の前提として、関電に使用済み核燃料の県外搬出先の提示を要求していた。だが現時点で関電は示せておらず、同意が得られるかどうかは不透明な状況となっている。

 高浜町では昨年11月、町議会が同意。野瀬氏は「議会同意は大きな判断材料」とし、地域振興策の充実などを国へ要望していた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加