前線を伴った低気圧の影響で冬型の気圧配置が強まり、唐津地区の沿岸では29日昼前にかけて雪を伴った非常に強い風が吹く見通し。佐賀地方気象台は28日午後4時すぎ、唐津市と玄海町に暴風雪警報を出し、視界不良などへの警戒を呼び掛けている。

 同日午後9時現在、唐津市19・9メートル、佐賀市駅前中央18・3メートルの最大瞬間風速を記録した。

 低気圧は29日にかけて急速に発達しながら日本海を東に進む見込みで、28日午後6時からの24時間降雪量を平地1センチ、山地2センチと予想している。予想される最高気温は佐賀市6度、伊万里市4度で、28日から10度近く下がる見込み。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加