新型コロナウイルスに感染した大阪府枚方市の60代女性と、同居する90代の母親が昨年12月、自宅療養中に死亡していたことが28日、関係者への取材で分かった。いずれも軽症と診断され、家族の意向で自宅療養していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加