香川-佐賀 第1クオーター、シュートを狙う佐賀バルーナーズの中西良太=高松市総合体育館((c)B.LEAGUE)

 バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第18節の27日、香川県の高松市総合体育館で香川ファイブアローズ(西地区6位)と対戦し、86-95で敗れ、今季初の5連敗となった。通算成績は19勝14敗で、変わらず西地区2位。

 佐賀バルーナーズは第1クオーター、相馬卓弥や中西良太らのシュートで33-19と好スタートを切ると、第2クオーターも得点を重ねて54-35と19点のリードを奪って前半を折り返した。

 しかし、後半に入ると流れは一転した。この日両チームトップの38得点を挙げた香川の外国人選手・ウッドベリーらを止められず、第3クオーターには11連続を含む34失点を喫し、68-69と逆転を許した。最終第4クオーターは中盤過ぎまで食らいついたものの、最後に香川に振り切られた。

 佐賀バルーナーズは第19節第2日の30日午後6時から、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で愛媛オレンジバイキングスと対戦する。(草野杏実)

このエントリーをはてなブックマークに追加