【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は新型コロナウイルスワクチンの普及の遅れや、ウイルス変異種が「米経済のリスクになる」と述べた。自身がワクチンを1回接種したことも明かした。

このエントリーをはてなブックマークに追加