犯罪で被害者が死傷した際、見舞金を支給する制度を犯罪被害者等支援条例などで定めている全国約300の自治体のうち、2019年度に制度を一度も活用せず、支給がなかった自治体が、少なくとも126あることが…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加