1969年から潜伏して組織を指導し、昨年9月、約半世紀ぶりに姿を見せた過激派「中核派」の最高指導者、清水丈夫議長(83)が27日、東京都内で記者会見した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加