日本映画製作者連盟(映連)によると、2020年の国内映画館の入場者数は1億613万人で、映連が発足した1955年以降で最低だったことが分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加