高齢者の保護で貢献があったとして署長感謝状を受けた松野裕子さん(右)=鳥栖署

 鳥栖署は27日、行方不明になっていた高齢者を適切に保護したとして、アルバイト従業員松野裕子さん(42)=基山町=に署長感謝状を贈った。

 松野さんは昨年12月28日午後8時45分ごろ、職場からの帰宅中、鳥栖市内の交差点で道に迷っているようなそぶりを見せる80代の男性を発見。積極的に声掛けをしながら110番し、警察官が到着するまでの間、男性を不安にさせないように声掛けを続けるなどして適切に保護した。男性は、家族から久留米署に捜索願が出されていた。

 鳥栖署で開かれた贈呈式では、田中真樹署長が松野さんに感謝状を贈った。松野さんは「大したことをしたわけではないけど、お年寄りが家族の元に帰れてよかった」と笑顔。田中署長は「寒い中で生命の危険もあった。保護してもらって本当にありがたい」と感謝した。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加