与野党は27日、新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案の修正に向け、国会内で協議した。特措法改正案で新設する「まん延防止等重点措置」を巡り、国会の関与が不可欠だとの認識で一致した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加