時津風親方

 大相撲の時津風親方(47)=元幕内時津海、本名坂本正博、長崎県出身=が24日終了の初場所期間中にマージャン店に行くなど、新型コロナウイルス対策のガイドラインに違反していたことが27日、関係者の話で分かった。2度目の違反で、解雇を含めた厳罰となる可能性がある。日本相撲協会は調査を進めており、今後の理事会で処分を決める方針。

 時津風親方は昨年も不要不急の外出が禁止された期間に地方に出向いてゴルフに興じるなどの違反を犯し、昨年10月に委員から年寄への2階級降格処分を受けていた。同親方は大関正代関、幕内豊山関らが所属する時津風部屋の師匠。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加