茂木外相は日米外相会談で、沖縄県・尖閣諸島が米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だとするバイデン政権の姿勢を評価した。ブリンケン氏は姿勢は変わらないと応じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加