「平和の旅へ」を披露する合唱団員=神埼市の市中央公民館ホール

歌詞を見ながら、コンサートを聴く参加者の様子=神埼市の市中央公民館

 核廃絶を目指す「平和の旅へ」合唱団・さがによる「核兵器禁止条約」発効記念コンサートが23日、神埼市中央公民館で開かれた。前日の同条約発効を祝い、被爆者の故渡辺千恵子さんの半生と思いを伝える組曲(合唱・語り)「平和の旅へ」を30人で披露。核兵器のない世界の訪れを祈った。

 同合唱団の末美佐子団長(72)は冒頭、「長年の活動が実った。『平和の旅へ』を歌い続けていきたい」とあいさつした。原水爆禁止佐賀県協議会の染谷孝理事(67)と田中龍一郎事務局長(49)も対談し、条約発効までの経緯を説明。「核廃絶のための大きな一歩が踏み出された」と強調した。

 参加した基山町の松石日出子さん(72)は「知り合いが団員にいるから何度も聴いているが、やはり素晴らしい」と話した。(中島野愛)

このエントリーをはてなブックマークに追加