新型コロナのワクチン接種に関する意見交換会を終え、取材に応じる東京都医師会の尾崎治夫会長(左)と東京都の小池百合子知事=26日午後、東京都千代田区

 東京都の小池百合子知事は26日、都内での新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、東京都医師会の尾崎治夫会長らと意見交換し、スムーズな接種実現への情報共有を円滑にするため、各地区の医師会や市区町村を含めたチームの設置を確認した。体制やメンバーは今後検討する。

 意見交換では、都医師会側がワクチン保存用のディープフリーザー(超低温冷凍庫)を医療機関に置けない場合のサポートや、ワクチンを小分けにする際の作業員らの支援を要望した。

 終了後に小池氏は報道陣に対し「外国の例も参考にして、医師会の協力を得ながら良いスタートを切りたい」と語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加