県代表に輝いた川添瑞穂さん=佐賀市のメートプラザ佐賀

盤上で熱戦を繰り広げる子どもたち=佐賀市のメートプラザ佐賀

 県内の小学生将棋ナンバーワンを決める「第46回さなる杯 小学生将棋名人戦佐賀県大会」(日本将棋連盟佐賀県支部連合会主催)が24日、佐賀市のメートプラザ佐賀で開かれた。唐津市の鬼塚小5年の川添瑞穂さんが初優勝を果たした。

 県代表をかけた名人戦に11人、初級者を対象にした交流戦に12人の合わせて23人が参加した。

 予選は4人一組のリーグ戦で行い、決勝トーナメントで競った。振り飛車党で攻め将棋が持ち味の川添さんは、予選では敗れた河野真理子さん(基里小3年)と準決勝で再び対局。ここで雪辱を果たして勢いに乗り、決勝で鶴貴志君(鏡山小5年)を下した。

 川添さんは「最後のチャンスで県代表になれて良かった」と話していた。川添さんは県代表として、3月上旬に大阪で開かれる予定の西日本大会に出場する。

 名人戦と交流戦の上位入賞者は次の通り。

 【名人戦】(1)川添瑞穂(鬼塚小5年)(2)鶴貴志(鏡山小5年)(3)河野真理子(基里小3年)伊藤琳平(湊小5年)

 【交流戦】(1)椎山颯太(鏡山小3年)(2)石井要次(基里小3年)(3)熊本鼓大(浜崎小5年)原野晃輔(基里小4年)

このエントリーをはてなブックマークに追加