東京女子医大病院で2014年、鎮静剤プロポフォールを大量投与された男児=当時(2)=が死亡した事故で、東京地検が近く、業務上過失致死の罪で麻酔科医2人を在宅起訴する方針を固めたことが26日、関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加