なるほど!さが法律相談

 Q:半年前、兄が亡くなりました。兄は独身で、子どもはいません。相続人であるきょうだい一同で話し合い、兄の面倒を見ていた妹が兄の遺産を引き継ぐことにしました。私は相続放棄のため、妹に指示された書面に署名押印し、印鑑証明書を渡しました。相続放棄はこれで完了でしょうか。確認する方法はありますか。

 A:あなたが記入したのはどのような書類でしょうか。家庭裁判所に対する「相続放棄申述書」であれば相続放棄の手続きの書類で間違いないですが、印鑑証明書を渡したということからすると、相続放棄書類ではなく、遺産分割の協議書や、金融機関への払戻しの手続の書類だった可能性があります。

 相続放棄をした場合、あなたはお兄さんの権利や義務を一切受け継ぎませんが、遺産分割の協議をしただけの場合には、お兄さんの借金などの債務について、あなた自身も法定相続分に応じて義務を負うことになります。

 「相続放棄をした」というお話を詳しく聞くと、実際には相続放棄手続きが取られていないと判明することが、多々あります。また、相続放棄の書類を作成したけれども、一部の相続人が取りまとめをして、裁判所に申し立てがされたかどうか分からないというケースも。

 相続放棄の手続きが完了していれば、家庭裁判所より「相続放棄申述受理通知書」が送付されます。この通知書があるかどうかで確認ができますので、確認を忘れないようにしましょう。

 なお、借金しかないような場合には相続放棄をお勧めしますが、そうでない場合は相続放棄をする必要がないこともあります。事案によって判断が異なりますので、ご心配であれば、弁護士へご相談ください。(佐賀市 弁護士 名和田陽子)

このエントリーをはてなブックマークに追加