佐賀県内の感染状況(1月25日現在)

 佐賀県は25日、10~80代の男女12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。12人中9人は既に感染が判明している人の関係者で、県内での感染確認は延べ911人になった。

 県は24日までに感染が確認された13人の概要を説明した。九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事などを請け負っている岩田工業所(唐津市)では、原発で作業している従業員5人の感染が判明している。同社が使用している執務室と同じ階の協力会社にも検査対象を広げ、300人を超える人数を予定している。

 鳥栖市の10代女性はクラスター(感染者集団)が発生した鳥栖商業高の生徒で、感染した同校の生徒は計7人になった。同様にクラスターが起きた佐賀工業高、佐賀学園高を含めた3校について県は「いったんは全ての検査を終えた。しっかりと経過観察をしていく」とした。(円田浩二)

 25日に県内で感染が判明した人の内訳は次の通り。

 【佐賀市】20代男性、60代女性【唐津市】30代男性、30代女性、50代女性、60代男性、60代女性、70代男性、80代女性【鳥栖市】20代男性【上峰町】10代女性【千葉県】50代女性

このエントリーをはてなブックマークに追加