整備新幹線について論議する与党PTであいさつをする細田座長(左)=東京永田町・衆院第2会館

 九州新幹線長崎ルートなど整備新幹線について論議する与党プロジェクトチーム(PT)は25日、都内で会議を開き、意見交換した。長崎ルート整備方式検討区間(新鳥栖―武雄温泉)について国土交通省が現状を報告し、議員からは、フル規格整備のため在来線の維持や佐賀県の財政負担軽減策を求める意見が出た。

 会議後に取材に応じた細田博之座長や出席者によると、会議は建設費の上振れや工期延長が問題となった北陸新幹線が中心的な議題になった。長崎ルートに関しては国交省が佐賀、長崎、JR九州との協議状況などを報告した。細田座長は「国交省には、佐賀県と丁寧に粘り強く協議することを求めたい」と記者団に述べた。

 長崎ルート沿線地域の議員は会議で「全線フル規格で整備しなければ利用客に不便をかける」「通勤快速など在来線の維持充実が必要」「地方交付税措置を最大化して佐賀県の負担軽減を図るべき」などの意見を述べ、フル規格での事態の進展を求めたという。

 佐賀県関係では今村雅弘衆院議員(比例九州)が出席した。(山口貴由)

このエントリーをはてなブックマークに追加