東京都内

 不動産経済研究所が25日発表した2020年の首都圏(1都3県)の新築マンション発売戸数は、前年比12・8%減の2万7228戸だった。新型コロナウイルスの影響で1992年以来28年ぶりの3万戸割れとなった。1戸当たりの平均価格は1・7%高い6084万円で、73年の調査開始以降、バブル期の90年(6123万円)に次ぐ2番目の高さとなった。

 発売戸数の減少は、緊急事態宣言が出た春先のモデルルーム閉鎖が大きく響いた。ただ夏以降は、在宅勤務の拡大などを受け間取りの広さなどを求める積極的な購入の動きも出ており、同研究所の担当者は「年後半の市況は堅調だった」と話した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加