岩手県大槌町で25日、東日本大震災の津波により全長28メートルの観光船「はまゆり」が屋根の上に乗り上げた、2階建ての旧「民宿あかぶ」の解体に向けた本格的作業が始まった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加