24日告示された唐津市議選のポスター掲示板が早朝、3カ所で大きく傾いて危険として市選挙管理委員会に連絡が入り、委託業者が復旧した。1月としては2010年の観測以来最大となる風速22・3メートル(午前4時50分ごろ観測)の強風が吹いた影響とみられる。市選管によると、けが人はなく、候補者のポスター掲示にも支障はなかった。

 掲示板は市内341カ所に設置しており、傾いたのは湊町、浜玉町南山、離島の高島の3カ所。掲示板は40人分のスペースを確保し、高さ約2・5メートル、横約5メートルの大きさだった。福岡管区気象台によると、佐賀県全域に強風注意報が出ていた。業者の一人は「夜中に風が強かったので待機していた。市議選の掲示板は大きいのでいつもハラハラしている。他の場所も巡回、点検して異常はなかった」と話した。(辻村圭介)

このエントリーをはてなブックマークに追加