【ベルリン共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は24日、スロベニアのリュブノで個人第2戦(ヒルサイズ=HS94メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は85・5メートル、87・5メートルの合計237・0点で4位だった。

 W杯出場2試合目の19歳、アイリンマリア・クバンダル(ノルウェー)が92メートル、89メートルの244・2点で初優勝した。丸山希(明大)は12位だった。伊藤有希(土屋ホーム)はスキーの長さの規定違反で失格となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加