佐賀錦や鍋島小紋の衣装をまとったひな人形など約300点を展示するみやびの雛展=嬉野市塩田町のやきもの・和雑貨「志田の蔵」

 「みやびの雛展」が嬉野市塩田町のやきもの・和雑貨「志田の蔵」で開かれている。佐賀錦や鍋島小紋といった佐賀ならではの衣装をまとった、華やかなひな人形約300点が展示されている。

 ひな人形は、鍋島小紋の人形で知られる福岡伊佐美さんら県内外の作家約10人が手がけた。手織りの佐賀錦を使ったひな人形や江戸ちりめんなど古布で作ったものなどさまざまで、陶器のひな人形もある。手乗りサイズの愛らしいひな人形や壁掛けも並べた。人形が飾られた台は、明治から昭和初期のたんすをリメイクしたもので、趣ある雰囲気も楽しめる。

 スタッフの小田真弓さん(41)は「優しい風合いの鍋島小紋や豪華絢けん爛らんな佐賀錦をまとったおひな様などたくさん並べているので、ぜひご覧ください」と呼び掛けている。

 時間は午前9時~午後6時まで。3月31日までで、期間中無休。問い合わせは志田の蔵、電話0954(66)2202。(松田美紀)

このエントリーをはてなブックマークに追加