アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は24日、オーストリアのキッツビューエルで男子滑降第5戦が行われ、ベアト・フォイツ(スイス)が1分55秒29で2戦連続の優勝を果たした。今季2勝目、通算15勝目。

 ヨアン・クラレイ(フランス)が0秒17差の2位で、マティアス・マイヤー(オーストリア)が3位だった。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加